採用情報 For SANKEI CO., LTD

株式会社 三恵 TOP>仕事紹介 プロジェクトチーム

仕事紹介

三軒茶屋事業部

EC事業部

プロジェクトチーム

プロジェクトチーム

新卒採用

「もっとこうしたい!」「こうすればもっとよくなる!」というワクワク・ドキドキした気持ちを 持った社員たちが、自分の「夢」や「好き」を軸にイキイキと働くことを熱く支援する会社を 目指しています。 三恵では、働く方々が会社を作っていくと考えているため、仕事にやりがいとプライドを持って 取り組む社員が増えていくと会社がより強くなります。

そのような会社の考え方とバッチリ合う学生さんと出会うために、新卒採用業務では日々変化する 会社の事業内容や取り組み、三恵らしい空気感を分かりやすく学生へ紹介するよう、求人原稿の作成、 説明会の組み立て、学生とのコンタクトなどを行うよう努めています。

会社説明会の運営~説明内容の決定まで、コンサルタントの方と会議を重ねて形にしていきます。 求人原稿を読んで説明会に申し込んでくださった学生さんが、説明会に参加してくださったときに 納得感のある説明会になるよう内容を組み立てていきます。

学生さんへ参加不参加の確認や合否の連絡を行います。数ある企業の中から三恵のために時間を 使ってくださったことに感謝の気持ちを込めて、テンプレートのような言葉のやり取りではなく 温度のあるやり取りをすることを意識しています。



オリジナル商品企画

三恵には、インターネット通販で販売しているオリジナル商品が現在約40種類あります。 新商品を作る際は、最近のインナー市場で注目されている商品や機能、お客様から頂いご意見などを参考に 企画をします。世の中に売れているインナーはたくさんありますが、ヒット商品でも品質を追求していくと まだまだ改善の余地があります。細かな商品改善を三恵が行い、良いインナーをお客様へ提供するために 商品を企画しています。

お客様の期待に応える商品になるよう、「もう2~3ミリだけレースの幅を広げたほうが良いのでは」 「生地の色がもう少し渋くないと安っぽく見えてしますから、生地サンプルを出し直してください」など 何度も何度も会議と修正を重ねてやっと完成します。

細かな修正を重ねてサンプルがある程度形にになった段階で、若手社員も企画会議に参加することがあります。 試着会を開催し、着用感に関するレポートを提出、次回サンプルの修正に生かします。自社商品は半年分くらいの 在庫を一度に発注するため、売れ行きが好調でい場合もそう簡単に売ることをあきらめることはできません。 最終決定まで複数のスタッフで商品をチェックし、デザイン性から着心地までとことん追求して、 自信をもって世の中に出せる商品を作ります。

また、利益を出すことも会社が存続していくためには非常に重要です。オリジナル商品は、 他社との価格競争に巻き込まれないため、三恵の希望する販売価格で商品を販売しやすいです。

納得のいく品質の商品を適正価格で着実に販売することで、お客様にとっても会社にとっても メリットが大きいのでオリジナル商品の企画は、三恵にとって重要な仕事の一つです。



新規サービスの導入

60年以上三軒茶屋のお客様に支えられてきたからこそ、お客様から「こういうサービスできないの?」 といった要望にお応えすべく、新しいサービスを企画しています。

具体的には、介護施設に入られているお客様から「買い物がしたいけど足が悪くて施設から出られない。 買い物に行きたくても、行けない」という要望をいただきました。そこで、要望をいただいた 世田谷区の介護施設に、三恵の店頭に並べてある商品を持って行き、施設内で店頭と同じように並べて、 売り場を作り、施設から出なくても買い物ができる環境を用意しました。 普段、なかなか外へ出られない方でも、「久しぶりに、好きなだけ買い物を楽しめた!」という 嬉しい声をいただきました。他にもFacebookで三軒茶屋の三恵が所属する三軒茶屋銀座商店街での イベントの告知をして、一緒に地域を盛り上げるお手伝いもしています。

最近では、新たに検討しているサービスとして、店頭にてお客様から取り寄せ希望があった商品が 店頭に入荷した際は、運送会社を利用してお客様の家まで商品を配送するサービスを検討しています。 また、店頭でご購入いただいた商品にお客様のイニシャル刺繍をするサービスの導入も検討中です。



地域イベントへの参加

三軒茶屋の地で60年以上、商売をさせていただいた恩返しとして、地域貢献できることを地道に 継続しています。例えば、三軒茶屋銀座商店街イベントへの出店・各イベントでの場所の提供・ 物産展や防災フェア・歩行者天国の運営・イベント告知の協力など、様々なことを行っています。 この取組みを通じて、地域の方とのつながりを感じつつ、三軒茶屋の街を盛り上げていきたいと 考えています。



トップへ戻る