採用情報 For SANKEI CO., LTD

株式会社 三恵 TOP>採用情報>スタッフ紹介 鶴田

スタッフ紹介

鶴田

名前

鶴田
三軒茶屋事業部
2015年4月入社

部門・職種

2015年:三軒茶屋事業部 婦人肌着売り場担当
2016年:三軒茶屋事業部 新卒採用担当
2017年:化粧品事業部 販促・企画担当

入社動機

三恵に入社を決めた理由は、「販売」と「デザイン」という自身がやってきた2つの事が活かせるフィールドがあると思ったからです。

私は、新卒で入社をして、すぐに会社を辞めてしまうことになったら、それは会社に対して、とても失礼なことだと考えています。 なぜなら、会社側もたくさんの時間を使って選考を行ったり、採用や教育に費用をかけてくれているからです。 なので、私は、まったく知らない領域に飛び込むよりも、自分が知っていて、かつ自分に合っているとわかっている領域に飛び込んだ方が、退職のリスクが低くなると思いました。

実際に、三恵に入社して「販売」と「デザイン」という自身がやってきたことが活かせるフィールドで仕事をしていて、日々楽しくしごとができているので、三恵を選んで良かったと思っています!

会社を漢字一文字で表現すると?

「挑」

多種多様な仕事に挑戦する機会が多いのが三恵の特徴です。
入社以来、三軒茶屋実店舗でのバイヤー業務や店舗のレイアウトを含む全体の管理、地域イベントでのブース出展、採用活動で使用する動画の制作など入社してから様々な仕事を任せてもらい、挑戦しました。
なかでも、会社としても初めての仕事だった、三軒茶屋実店舗移転に伴う取扱商品の選定や新店舗のレイアウトに関する決定を私と上司で行いました。
知らなかった世界に挑戦することで、自分自身の世界も開拓され良い経験ができたと感じたので、「挑」という字を選びました。

得意な仕事、経験した仕事

  • ①新店舗レイアウト考案

    2015年に三軒茶屋実店舗の移転がありました。創業62年目にして初めて引っ越しをするという大きなプロジェクトでした。

    今まで三恵に来てくださっていたお客様に「新しい三恵もステキ!」と思ってもらえるような店内にしたい!という想いのもと、入店時のお客様の心理や目線の動きを想定して商品配置にしたり、大工さんや上司と図面を見ながら什器の大きさを計算して、お客様の歩くルートを想定しました。また、一緒に働くスタッフさんにも店内のレイアウトに関する意見をいただいて商品配置を決めたりしました。

    入社して1年目で、このような大きな仕事を任せていただいて、とてもワクワクしました!

  • ②海外出張

    2016年の夏には、社長と専務と共に新商品のブラジャー製造交渉の為、上海へ出張に行きました。現地では、新商品のデザインの確認やブラジャーの装飾に使用する生地やレースの選定だけでなく、工場内を見学して製造過程等も見せていただき、現地の方と直接触れ合いながら学ばせて頂きました。

    出張前におこなった日本での商談にも同席しておりましたが、現地での商談では約300種類の見本を見ながら商談を進めることができるので、ブラの形や色、装飾のイメージを先方としっかり共有出来ていることを確認しながら、言葉の壁を越えて商談を進める事ができました。

  • ③価格設定

    ウィンドウショッピングが好きで、買い物に行くと自然と他社の売場を見て、価格の相場を観察してしまいます。その習慣を活かして、商品個々の相場を知り、世の中のその商品の相場よりも安く!でも、良いものを仕入れる様に、営業さんに交渉したりしました。
    その努力もあり、三茶のお客様へ買いやすい価格で良品を販売することができ、更に、しっかり売り上げにもつなげました。

仕事のやりがい

自分の行った業務がお客様に直接影響を与えていることを実感した時です。
例えば、お店のレイアウトを変更することで、より多くのお客様が性別問わず入りやすいお店にすることができました。

具体的には、三恵は長年”女性”の肌着屋さんとして多くのお客様に認知されていました。しかし、男性の衣料品も数多く取りそろえていることをお客様に知って欲しかったため、店頭に男性用のお買い得な洋服を出しました。その結果、男性のお客様が三恵の店内にも興味を示し、入店していただく事が出来ました。

また、店内まで入っていただいた後に、店内のどこに男性の商品がたくさん集まっているか一目でわかるように、天井から「男性肌着」等、看板をぶら下げるように工夫しました。

他にも、三恵の取扱商品の中でも、靴や靴下は老若男女問わず毎日使う消耗品のため、多くのお客様の目に止まる商材だと思いました。そこで、靴や靴下は入口に一番近い位置に配置し、どんなお客様でも足を止めて店内で商品を見てくださるよう工夫しました。小売業では、店内に足を踏み入れていただくことが商品を購入していただくための第一歩なため、ファーストキャッチは非常に重要です。結果、購入率を上げ、売り上げに貢献できました。

成長を実感したこと

売場以外のパソコンを使用した仕事も多々行うので、学生時代より、パソコンのスキルが自然と上がっていると感じました。 他にも、売場の全体管理なども行っていたので、全体の動きを見て、指示を出す力が着いたと思います。

今後の目標

スピーディーかつ的確に対応して、企画をどんどん成功させていく事が目標です。
2017年より、化粧品事業部と新卒採用プロジェクトに携わっています。両方とも多くの方と協力して進める仕事です。私の指示のもと担当者の方に業務を進めていただくため、社内SNSを積極的に活用し、進捗の共有や情報の行き違い防止に努めています。特に進捗確認は共通のタスク表で管理し、「見れば状況が分かる」ようにすることで、お互いの進捗の確認する時間をカットでき、作業がスピーディーになってきたように思います。

1日の仕事の流れ

  • 7時00分 起床

    めざましのメロディーで、毎日寝坊せずに起床しています。
    起きてすぐに、眠気覚ましに顔を洗っています。基本朝ごはんは、パンのみです。

  • 8時00分 出勤

    家の扉を出て、会社の扉に着くまでで、ちょうど1時間。満員電車にもまれながらも毎日元気よく出社しています。
    移動中は、その日の業務内容の確認をするのが日課です。会社に着く前に自身の1日の仕事の流れを知っておくと、着いた瞬間から仕事に着手でき、順序も理解しているので仕事を素早く終わらせる事ができます。

  • 9時00分 出社

    毎朝、「今日も一緒に頑張りましょう!」という意味も込めて全員に必ずあいさつをしています!
    その後、お客様に気持ちよくお買い物をしていただく為、お店をしっかり掃除をしていきます。

  • 10時00分 開店・商品ピック

    インターネット通販の注文票を見て、売場から商品をピッキング(回収)すると同時に売り場の在庫状況を確認します。 インターネットで売れている商品と実店舗で売れている商品を同時に確認することができるため、お客様のニーズやトレンドを見極められる大事な時間です。インターネット通販では実店舗より、季節商材が2週間程早く売れる傾向があります。そのため、特に季節の変わり目にはインターネット通販で売れる商品の情報を元に、実店舗の商品ラインナップを調整してお客様の細かなニーズの変化に対応できるように備えています。

  • 11時00分 発注

    日々売り上げデータに基づき発注個数を決定します。
    発注には締め切り時間があるため、素早くミスなく発注することが重要です。
    売れ筋商品は、三恵に来てくださるお客様の多くが「これ欲しい!」と思ってくださる商品です。そのお客様の期待に応えられるよう、欠品を起こさないように特に注意して発注します。発注は、売り上げに関わってくる大事な仕事です。最近の売上状況を把握し、発注管理をする事が、プロのバイヤーへの1歩だと思います。

  • 12時00分 発注

    三恵で売れている商品や素材の傾向、ご来店されるお客様よりいただいた声をもとに、三恵で売れそうな商品を的確に選びます。
    商談に来る営業担当さんは、三恵以外の複数のお店でも商談を行っているため、他店舗の販売価格や売れ筋情報を聞くことができます。商談は、仕入れをするだけでなく、様々な情報収集ができる貴重な場でもあります。

  • 12時45分 昼食

    会社周辺のお店に食べに出かけることが多いです。
    三軒茶屋はおいしいご飯屋さんがたくさんあるので、飽きません!
    特に麺類のお店が多く、麺類が好きの私にはたまりません。今日はうどん、明日はパスタ、明後日はラーメン、明々後日はフォーというような、麺類好きにはたまらない感じのサイクルです(笑)

  • 13時30分 新卒採用プロジェクト会議

    外部のコンサルタントさんを交えて、学生の皆さんに有意義に感じて頂ける説明会の内容を決めます。
    初めて三恵の説明を聞く学生さんにとって、いかに分かりやすく端的に伝える事ができるか工夫しています。他にも、学生時代自身だったらどんな事が聞きたかったか等、思い出しながら説明内容を組み立てます。

  • 15時30分 化粧品会議 

    化粧品会議では、新商品の販売へ向けて、発送の際に商品と一緒にお送りするパンフレットやプレゼントの制作進捗のチェック、競合他社の動向の分析、商品ホームページの改善箇所確認等を外部のコンサルタントの方を交えて行います。
    特に、お客様へお送りする商品のパンフレット制作では、お客様が製品を効果的に使っていただけるよう、わかりやすく表記するように努めています。

    例えば、使用方法は文章だけにせず、文章と共にイラストを入れて具体的に使用例を提案したり、他社のパンフレットを何点も見て、使用方法の書き方でわかりやすい書き方を学び、自社のパンフレットで工夫する等、製品以外でもお客様へより良い物を提供できるように日々試行錯誤しながら、工夫していくように心がけています。

  • 17時00分 チラシの制作依頼

    化粧品会議で決まった内容に合わせて、デザイナーさんやライターさんへ チラシのデザインの制作に関する依頼をします。依頼する際の指示書は、作業をして下さる方が内容を見てすぐに着手できる状態にする必要があります。
    曖昧な表記や指示を出すと、自身で思い描いていた物とは、まったく別物が提出されてしまいます。そのため、指示書は読み返してチェックをしてから指示を出すようにしています。

  • 19時30分 退社

    最後のお客様をお見送りします。その後、日報の提出をして帰社となります。
    同期と待ち合わせをして、夜ごはんを一緒に食べる事も!

  • 20時30分 帰宅

    すぐにご飯を食べます。
    実家暮らしなので、食べながら、今日の出来事を話して家族とコミュニケーションをとっています。

  • 24時00分 就寝

    多趣味なので、家に帰ってから様々なことをやって、満足した状態で12時までには就寝しています。

出身地+地元自慢

山形出身ですが、ほとんど東京で育ちました。

今、住んでいる地元には大きな広場があり、ドラマやCMの撮影スポットになっています。 多い時で1か月に4回ぐらい撮影をしており、身近に有名人を見る事ができるのが自慢です!

マイブーム

旅行
色々な土地に行って風習や文化に触れて、見て、感じて、新しい事を知ることが好きです!なので、国内にとどまらず海外にも旅行に行ったりします。

トップへ戻る